我が家のおせちスタイル

最近では、スーパーやデパート、コンビニまで、おせち料理の早期販売をしていますよね。
つい、のぞき見をしてしまいますが、作らなくても済むので便利だな、と思います。
通販のおせち料理のサイトなどもあります。⇒2017年おせち通販※人気のおせち料理が通販で安く購入できるよ

私の家では、おせち料理は毎年手作りします。
至ってオーソドックスな重箱に詰めたおせちなのですが、二段重ねと量は少なめになっています。
以前は、豪勢に四段重ね位だったんです。

しかし、家族の独立で人数が減った事(今は4人)、毎年大量に余らせてしまい、その後の処理に困ってしまう事などで、いつからか少なくなってしまいました。

内容は、特に地域性のある物ではなく(関西です)、栗きんとん、数の子、お煮しめ、紅白かまぼこ、鶏肉、海老、黒豆、昆布巻き等々。
他、重箱とは別に大皿で、人参、里芋、クワイ等の煮物。
それと、もちろん、尾頭付き塩焼きの鯛がドーンと。
これが実際はメインディッシュでしょうか。

ちなみに、鯛に関しては、我が家で購入するのでは無く、毎年親戚が送ってきてくれるんです。
この鯛を大皿の上で、家族が一斉につつきあうのが我が家の習慣。
いちいち白身を毟って小皿に取り分けるなんて事はしない、豪快な家風です。

あと、もう一つ、マグロとサワラのお刺身が載った大皿がありました。
ただ、近年のマグロの高騰で、我が家でも年々サワラの比率の方が多くなっていて、数少ないマグロを巡っての争奪戦が繰り広げられています。
みっともない限りです。

そして、おせちには欠かせない、お雑煮です。
関西なので、もちろん白味噌仕立てで、焼かない丸餅と人参と大根の輪切りにした物が入っています。
お餅は、毎年の年末に家族総出で作っているんです。
ただし、機械でですが。
(昔は、親戚の家までお餅をつきに行っていました。もちろん杵と石臼を使った本格的な物です)

ちなみに、昔は正月の一日目と二日目が白味噌のお雑煮、三日目が関東風の澄ましのお雑煮だったのですが、いつの間にか、そういう風習は無くなってしまいました。
あれは、我が家だけの風習だったのか、未だに謎です。

それと、お神酒ですが、我が家では一人を除いてお酒が弱い為、一応形だけの儀式として、お猪口を回します。
少し口を付ける程度ですね。
それでも、顔が真っ赤になってしまうんだから、みんなどれだけ弱いのかって感じです。

最後に。
上でその後の処理云々と書きましたが、これだけ減らしても、三が日には食べ切れずに残ってしまうので、残り物はいつも天ぷらにして頂いています。
一番手間がかからずに残り物を処理する、手っ取り早い方法です。

生まれ持ったものはどうにもなりません。

わたしのコンプレックスは、痩せすぎで太れないことと、耳がとんがっていることです。

この特徴は、努力してもどうにもならないので、いろいろカバーしたりして、やり過ごしていますが、生まれ持って備わっているので、ホントどうにもなりません。まず、痩せすぎで太れないこと。これは、ぽっちゃりしたひとから「いいよね~痩せてて。」と純粋に羨ましがられることもありますが、本人は、太れないことを思春期の頃からずっと悩んでいたので(ある程度、年をとったら、少しどうでもよくなってきたけれど)、全然よくないです。

かえって、太れる人の方が、太ったり、痩せたりを調節できそうで、羨ましいのです。純粋に「いいね」と言ってくれる人は、悪意がないので、まだよいのですが、中学生のときは、チビデブの男子から「ホネホネロック」と冷やかされたりしていましたので、本当にあの頃は、お風呂に入ったときに自分の体型を見て、泣いたり、なんとか太ろうとたくさん食べて、胃を壊したり、していました。

そして、太ったひとには、あまり「太ったんじゃない?」と言いにくいだろうに、久しぶりに会ったひとに、必ずといっていいほど、少し伺うような顔で「…痩せた?」(なにかあるんじゃない?病気とか悩みとか、を匂わせた表情をする)と聞くことはやめてもらいたいです。ゼッタイ、変わっていませんから!

あるときから、痩せているのは仕方ないけれど、ナヨナヨしないように、筋肉をつけておこうと思って、よく階段の上がり降りをするよう努めたり、ストレッチをするようにしています。耳がとんがっていることは、やっぱり中学生の頃、髪をしばらなくてはいけないときに人の目が気になって、耳のとんがっているところを、髪で覆うようにしてしばっていました。あるとき、生徒手帳に書いてある「耳が隠れないように」という言葉を目にした男子から「耳が隠れている」と言われたことがありますが、無視しました。大人になってからも、飲み会のとき、同じ同僚女性から「○○ちゃんの耳、とんがってる!宇宙人や!」と言われて、しばき倒したい気持ちになったことがあります。

でも、付き合ったひとに「そのとんがっている耳が好きだ」と言われて、びっくりして、(そのことがコンプレックスだと打ち明けていなかった)それ以後、あまり気にならなくなってきています。私のコンプレックスを受け入れてくれた彼と結婚したいですが、結婚資金が貯まっていないのでもう少し先です。「ブライダルローンを組めば?」と彼が言ってくれたため、今いろいろ調べています。

※参考サイト・・・ブライダルローン※結婚式・披露宴の費用を借りれるローン

生まれ持った、備わっているものは、仕方がないので、それをうまくカバーする方法を編み出すしかないと思いますが、自分ではコンプレックスだと思っていても、他の人は、なんとも思っていなかったり、それを好ましく思ってくれたりすることを知り、あまり気にすることないのかも、と思います。

がんばっているんですが

パートで編物講師をしています。

それまでは、ずっと専業主婦でした。最初のころは普通に生活することができていたのですが、主人のお給料が少し減ってしまったこともあり働きにでることにしました。

私のパート先が見つかるまでは少しローンを組んでの生活もしていました・・・

主婦・専業主婦がカードローンでお金を借りる方法|内緒で即日借りれる

今のところ夫の扶養範囲内で働きたいのとこどもがまだ小学生なので、週に2回ぐらいのこの仕事がちょうどよいと考えています。
賃金体系は生徒さんの人数による歩合制で、生徒さんの講習料の半分がお店、半分が自分に入る形です。あとは編物で使う材料や道具を生徒さんがお店で購入するとマージンが自分に入ります。
こどもが幼稚園のころに月に2回、1回2時間からはじめ、はじめは生徒さんが1、2人でした。
6年ほど専業主婦ですごしていたので、はじめのころはそれだけでも精神的に疲れて、社会復帰のリハビリのつもりで続けていました。
こどもが幼稚園に慣れたらもっと別な仕事で週に3、4日は働きたいと考えていたのですが、こどもが預かり保育などを嫌がったり、病気やずる休み(?)などが多くてなかなか思うように働けない感じでした。
編物講師は生徒さんたちも子育て中、もしくは経験されたお孫さん世代の方が多いので、こどもの病気などで講習をお休みするときも快く承諾してくれたので、やめずに続けることができたのもあります。
ぼちぼち続けているうちに生徒さんも増えて、少しずつ講習日も増やすことができ、現在は週に2回と、単発の講習もやらせてもらっています。
でもやはり歩合制なので生徒さんのその日の人数で収入が左右されますし、講習料も安めに設定されているにもかかわらずお店と折半なので、月に2万程度の収入です。
毎年確定申告をするたびにけっこう大変なのにあまりの年収の少なさに、やめようかな・・・やめようかな・・・という気持ちがぐるぐる渦巻いていました。
あるとき、たまたま別なクラフトの講師さんと話した時、講習料金を高く設定してもらっているということをききました。
みんな一律の講習料だとずっと思っていたのに不思議に思い、店長に聞いてみたところ、講習内容と講師さんの力量によっては料金をかえているとのことでした。
おかげさまですが、私の講習は生徒さんが多いほうなのですが、初めのころは生徒さんが少ないし、時間も少ないから収入が少ないのだとがんばっていたのですが、生徒さんが増えてきた現在でも、あまり収入が増えた気がしません。なのでいつ辞めようかといつも考えているということを店長に打ち明けたところ、実は店長も一部の高い料金の講師以外の講習料が、相場にしてはとても安いとも感じていたとのことでした。
それで、この秋からみんな講習料を300円値上げすることになりました。これで少しは収入が増えるかと期待もありますが、やはり趣味のことなのでもしかしたら年金生活の方たちはやめていかれることもあるかもしれないとも考えます。そうならないよう講習内容をよりよくしていこうと思います。

 

 

インターネットは絶対必要!

私にとってインターネットはなくてはならない存在です。

まず・・・朝起きたら、「お天気チェック」。テレビのデータ放送の天気予報よりもネットの天気予報の方がリアルタイムで新情報が出ています。

時間ごとの天気をチェックして、お洗濯するかどうかを決めます。

次に・・・「スーパーの広告チェック」。我が家は新聞をとっていないので、紙媒体の広告は手に入りません。なので、必ずチェックします。

けれど、最近はまだ幼稚園に入る前のこどもと過ごす時間(外遊びや習い事など)のスケジュールがうまくたてれず、買い物に行きたいなという時間に限って爆睡昼寝タイムにかぶる・・・なんてことも多く、スーパーに行けないこともしばしば。

なので、最近は広告チェック以上に頻繁に「ネットスーパーでの食材・日用品注文」。明日は買い物いけないかも・・・と不安に思う夜は、こどもを寝かしつけた後にネットスーパーをチェック。

私がよく使うお店は、生鮮食品ありの場合は綜合スーパー3店。なしの場合はドアックストア1店を使い分けています。
まずはそれぞれのネットスーパーで買いたいお目当ての品の値段をチェックして、お買いもの。前日の夜に注文すれば、だいたい

自分の都合のよい配達時間を選ぶことが可能です。(当日だと配達時間枠が一杯になっていて、夜20~21時等、使えない時間の枠しか残っていないことも)

そして、「こどものオモチャの値段下調べ」。実店舗にお買いものに行く前に、値段相場をチェックしておいて店舗で実物を見た際、その場で購入するかネットで購入するか使い分けしています。

ものによっては、ほとんど値段が変わらないこともあるので、そんな時は「ほしいオモチャが見つかってよかったね。
さぁ買おう!」とその場で買って、こどもの心を大満足させてあげています。

私にとって「お天気チェック」無駄なお洗濯を省くため。それ以外は、時間やお金の節約のため。
その為にインターネットは絶対に私の生活にとって不可欠なものになっています。

そういえばこの前は、母が更年期障害でホットフラッシュ(ほてりや発汗)がひどいとの事で、ホッとフラッシュについていろいろと調べました。

http://xn--xckxaat9d7a5e3a.jp/

ネットが無いと、このような事を調べる事も出来ないので、ネットがあって本当に便利だなって感じますね。

塵も積もれば

二ヶ月前に出産を終え、しばらくは育休に入ります。
勤めていた頃と違い、自分のお小遣いさえ旦那まかせな日々の始まりです。
私が節約生活を始めたのはそのためです。
節約は10円単位からです。
私は以下のようにやっています。
①昼間は電気を消す。特に晴れの日は自然光で十分です。
②夕飯を少し多めに作り、次の日の自分の食事にする。自分用に改めて作るより節約になります。
③冷蔵庫の中を整理する。開けっ放しで「何があるかな~」と探すと光熱費の無駄使いになるので。
④お金のかからない趣味を見つける。人生楽しみがなくっちゃつまんない。でも出来ればリーズナブルな趣味を探します。私はもともと読書が趣味でしたが、最近は本は買わずに地域の図書館で借りています。
⑤二回に一回我慢する。全て我慢するのはしんどいです。お菓子を買ったり服を買ったりしたくなったら、全部禁止!ではなく適度に買います。でないといつか爆発して大量買いする可能性もあるかもしれません。
⑥節約して貯めたお金は専用の貯金箱や口座に貯める。数字が目に見え、「貯まってるなぁ♪」と実感出来れば節約のモチベーションもキープ出来ます。
⑦自分でできることは自分でする。例えば結婚式に行くときの髪のセット。美容院に行かず自分で出来ればかなりのお金を浮かすことが出来ます。他にも旦那のワイシャツのノリつけなど自分で出来ればクリーニング代が浮きます。
とにかく節約は『長距離マラソン』です。無理をし過ぎないことがコツだと思います。

私は看護師として働いているので、子供が大きくなれば看護師として復職しようと思っています。看護師仲間から、緩和ケア病棟の仕事がいいよって聞いているので、緩和ケア病棟での求人を探そうと思っています。(http://xn--cck3a243qhff6nnytppsfrkv4tce1z0f9a.com/

ある程度融通が利きやすいところだと聞いているので、子供がいても働きやすいかなと思っています。

自分の夢を実現する為に一歩一歩前に進む

私の夢はスキーでアラスカのビッグマウンテンを滑り、オーロラを見る事です。
そしてアウトドアに囲まれた生活をする事です。

それに向けて取り組んで来た事は自分の技術を磨ける場所で生活する事です。
大学を卒業した私は、アウトドアの技術を磨きたいと思っても、幼少からやっていたスキーの技術は多少ありましたが手つかずの自然を相手にリスクをコントロールしながら、最高のパフォーマンスを発揮するだけのスキルも、お金も、コネも有りませんでした。

何か良い方法が無いかとインターネットで検索をしていると、アウトドアガイド研修生募集のページを発見し、すぐにこれだと直感的に思いました。
仕事をしながらアウトドアの技術を磨くのが一番の近道だと感じて、北海道の知床でシーカヤックとトレッキングのガイドとしての技術を学びました。
そこで海や山に関する基礎的な知識を実践を通して身に付けて行きましたが、収入も厳しく生活が大変でした。お金が必要になってでも現金がなくてすぐに借りられる消費者金融を利用してお金を借りたこともありました。

しかし、今度は関西のアウトドアメーカーに転職する事が出来たので何とかお金の面は大丈夫になりました。
そこではリバーカヤックやラフティングというリバースポーツに出会う事が出来、夏は川冬は雪山という生活を送り、また新たな経験を積む事が出来ました。
その後、今度は色々な商品の販売に興味を持ち関東のアウトドアショップに就職し、今まで知らなかった数多くのアウトドア用品に関する知識を身に付ける事が出来、道具の選び方や見方が大きく変わりました。
そして現在は山奥のホテルで仕事をしています。
アウトドアを仕事にしていると、シーズン中は仕事ばかりで、自分が挑戦したい事が出来ないという事やフィールでに足を運ぶまでに時間がかかるネックがありました。
しかし、仕事とプライベートを分ける事で、休日はやりたい事が出来るようになり、山の近くに住む事で交通費も時間もかけず自然に足を運べるという魅力があります。
自分なりに一歩ずつですが夢に向けて近づけていると感じています。

 

タバコを内緒にしています。

彼女に内緒にしている事、それはタバコです。付き合った当初から、ずっとタバコを止めて欲しいと言われていて、半年ほど前に止めると言い切ったんですが、今でも止めれず吸い続けています。

彼女の前では止めたと言っているんですが、ばれないようにこっそりと吸っています。

匂いでいつかばれるんではないかヒヤヒヤしているんですが、今のところ大丈夫そうです。

もし見つかったらなんて言われるか・・・。考えるだけで恐ろしい(*_*)